ジャパンテコンドースクール >> 東京、千葉、横浜で活動するWTFテコンドースクール
 
現在の位置: ホーム >> JTS関連トピックス >> JTS合同昇段・昇級審査 レポート
 
学ぶ >> 入会のご案内 | 練習スケジュール | 練習風景 | 師範紹介 | テコンドーの魅力 | 掲示板
知る >> テコンドー基本情報 | 基本用語 | 試合の見方 | 試合日程 | 書籍案内 | テコンドーリンク集
磨く >> 基本立ち方 | 基本動作 | 蹴りの解説 | 型の解説 | ムービー(型&演武) | テコンドーショップ
総合案内電話:03-5743-3250
ファクス:03-5743-3253 JTS新宿:03-3358-0875(総合案内につながらない時はこちらまで)
メール:info@j-taekwondo.com
JTS合同昇段・昇級審査 レポート


【日本橋:JTS新宿 今井】2004年9月23日秋分の日

日本橋にある「中央区総合スポーツセンター」の第2部道場で、13時半から審査が始まった。初めての合同審査ということで、なんと!約120名の門下生が昇級審査に挑んだ!
審査が始まるまでの間、どの人も所狭しと蹴りの練習、プムセの復習に余念がない。柔軟体操もして準備万端?いやいや、みんな緊張して心の中は「受かるかな〜、どうかな〜」で、緊張してるに違いない!とにかくやるだけやろう、頑張ろう、そんな感じだろうか。

今回は審査基準がより高くなっているということで、事前の練習もみんな必死にやっていた。審査内容は「基本蹴り」「プムセ」「キョルギ」の3種類。「みなさんの日ごろの練習の成果を出し切って、頑張ってください!」という言葉に「がんばるぞ〜!」と気合が入る。

審査が始まると、まずは全員が後ろに座って並び、名前を呼ばれた人だけが師範たちの前に4人づつ2〜3列に並ぶ。白帯から開始。とにかく気合は大きく出す。稽古で身につけたパンチ、アプチャギ、アプトルヨチャギ、ティチャギ、チガァチャギを思いっきり繰り出す。たぶん、この時点で緊張から体が震えてしまっている人もいるだろう(実体験に基づいて…)。そして、いよいよプムセが始まり、基本動作(きほんどんじゃ)、みんな決まってる!第1章もなかなか全員が同じように揃っては動けないけれど、一生懸命さは伝わる!そして、何といってもすごく真剣な顔!大人になってからも、こうやって真剣に取り組めるものがあるってすごいっ。

それにしても、驚いたのは白帯の人たちの数。本当にものすごく多くて、みんなこの数ヶ月の間に新しくテコンドーを始めた人たちばかり。アテネオリンピック効果もあったかもしれないけれど、日本でのテコンドーの認知度が上がっている証拠だろうか。

次々と名前が呼ばれ、基本蹴りとプムセが終了していった。
いよいよ、キョルギが始まった。緑帯以上と最後に時間ができたので数人の白帯がみんなの前で日ごろ練習した技を使ってキョルギをする。どれだけちょうど良いタイミングでシチュエーションに合った技を出せるか、ステップがきちんとできているか、などなど、「勝つ」キョルギではなくて練習の成果を見てもらうためのキョルギ。それはそれで難しかった…。ついつい熱くなってしまう人もいたが、オブザーバーでいるとテコンドー的な技が出ている人とそうでない人の動きが、とても参考になったのではないかと思う。

最終的に、多くの門下生が昇級した。
そして、新宿道場の稲垣君が“最優秀賞”をもらい飛び級した!景品は写真一番下のクリスタルテコンドー盾!レーザーで焼いた蹴りがなかなかカッコイイ。定期的に昇級審査を行うので、みんな上を目指して楽しくがんばってください!お疲れ様でした。

記事:今井千香子(JTS新宿所属)
Google
ウェブ全体から検索 ジャパンテコンドースクール内から検索
本サイトの内容は、著作権による保護を受けています。
copright 2000-2004 japan taekwondo school, all right reserved